岩手医科大学医学部|整形外科講座

ご挨拶
岩手医科大学整形外科学講座 主任教授 土井田 稔
整形外科学の魅力
整形外科は、骨、関節、靭帯、脊髄、神経、筋肉などを中心とした全身の運動器の疾患や外傷を扱う診療科です。また、小児から高齢者までの幅広い年齢層の患者さんを対象とし、診療においても保存的治療から外科的治療までを行っている極めて守備範囲の広い診療科であることが特徴であります。高齢化社会の到来により今後も患者数の増加が見込まれ、さらに患者さんの生活の質の向上に対する高い要求や老若男女を問わずスポーツの普及を考えると、医療全体における整形外科の需要と重要性は増す一方であります。

日本の整形外科はいずれの専門分野においても世界のトップクラスに位置しています。特に、基礎研究から臨床研究までを手掛けているのは日本の整形外科の特徴といえます。軟骨や骨の再生医療、骨粗鬆症や関節リウマチにおける研究成果に基づく新しい薬物療法などはすでに臨床応用されています。臨床面では、新しい人工関節の開発、関節鏡や脊椎内視鏡を用いた最少侵襲手術、ナビゲーション支援手術、ロボット手術など運動器疾患に対する新しい治療方法は常に進化しています。岩手医科大学整形外科においてもこれらの新しい手術に積極的に取り組んでいます。

このように整形外科は、基本的な技術を伝承していくだけでなく、若い医師の柔軟な発想による創意工夫が必要とされる非常にやりがいと発展性のある診療科です。
岩手医科大学整形外科の魅力

岩手医科大学は本邦において最も伝統のある私学のひとつであり、整形外科学講座は初代三木威勇治教授による昭和10年の開講以来80年に近い伝統をもつ教室であります。前任の先生方により培われた歴史と伝統を平成25年9月1日から嶋村正前教授より引き継がせて頂きました。教室の同門会である折肱会の会員は、岩手県、東北地方を中心に全国に跨り、その会員数は317名に達します。盛岡市内および県内各地の地域基幹病院を中心に20以上の研修病院を持ち、豊富な症例数と経験豊かな専門医のもとできわめて質の高い卒後研修を受けることができます。また、豊富な症例数を元に外科医としての技術もいち早く実践の場で身につけことが可能であります。幅広く研修できるように整形外科専門医の資格を取得するまでは、各病院を定期的にローテーションし、教育と研修の分担をはかっています。
 
大学の教室には、脊椎、膝関節、股関節、手・マイクロサージャリ―、骨軟部腫瘍、関節リウマチの各分野の専門医がスタッフとして、臨床および研究に活躍しております。整形外科専門医を取得した後は、各分野で専門医としての道を歩んでいきますが、この間、希望があれば国内留学や国際留学の門戸も大きく開いております。

 
これからの進路を考えている若い研修医や学生の皆さんが、岩手医科大学整形外科での研修を選択されることを切望しています。そして、若い先生方と共に整形外科の診療と研究に研鑽し、岩手医科大学整形外科教室の新たな歴史を作っていきたいと考えています。

岩手医科大学
岩手医科大学付属病院
交通アクセス
岩手医科大学整形外科学講座

〒020-8505 盛岡市内丸19-1