岩手医科大学医学部|整形外科講座

診療案内
外来診療体制

当科では外傷性疾患、変性疾患、関節炎、リウマチ性疾患、腫瘍、先天性疾患、小児疾患、リハビリテーションなどに関する運動器疾患全般の診療を行っています。土井田教授のもと、診療の質的向上、診療情報提供の徹底、さらにインフォームドコンセント、クリニカルパス、セカンドオピニオンなどの整備に教室員一同で取り組んでおります。
 
今後は更なる効率化とともに接遇の向上、外来待ち時間の短縮を図ることが必要です。診療録の開示、医療事故防止などの制度的な整備や、大学の医療連携室とともに病診連携の充実への取り組みなども経時的に歩を進めています。急患などで待ち時間が長くなる日もあり、ご紹介時などにご迷惑をお掛けしていることもあろうかと思われますが、病院の性質上ご容認をお願いする次第です。今後とも、より一層の医療の向上、地域連携の推進に努力する所存です。


(外来医長:佐藤 光太朗)

岩手医科大学附属病院 整形外科 外来診療担当医一覧(平成29年4月現在)
  午前 午後
  新患 専門 専門


土井田 稔教授
(脊椎・脊髄疾患)
脊椎 村上 秀樹准教授
肩・スポーツ 及川 伸也医師 及川 伸也医師
肩・足・スポーツ 菅原 敦医師
腫瘍 多田 広志医師
村上 賢也医師 村上 賢也医師


安藤 貴信講師
(リウマチ性疾患)
佐藤 光太朗講師
(上肢疾患)
リウマチ 安藤 貴信講師 安藤 貴信講師
佐藤 光太朗講師 佐藤 光太朗講師
村上 賢也医師


村上 秀樹准教授
(脊椎・脊髄疾患)
脊椎

土井田 稔教授

村上 秀樹准教授

遠藤 寛興講師

村上 秀樹准教授

遠藤 寛興講師

山部 大輔医師

側弯症 山崎 健非常勤講師 山崎 健非常勤講師
下肢・スポーツ疾患 田島 吾郎講師


田島 吾郎講師
(下肢・スポーツ疾患)
膝・スポーツ

田島 吾郎講師

丸山 盛貴医師

田島 吾郎講師

丸山 盛貴医師

及川 伸也医師

リウマチ 安藤 貴信講師 安藤 貴信講師
腫瘍 多田 広志医師


小野寺 智彦講師
(股関節・小児整形疾患)
股関節・小児整形

小野寺 智彦講師

田島 育郎非常勤講師

小野寺 智彦講師

田島 育郎非常勤講師

肩・足・スポーツ 菅原 敦医師 菅原 敦医師
腫瘍 多田 広志医師
骨粗鬆症 室岡 玄洋非常勤講師


【第1週】
持ち回りにて
【第4週】
持ち回りにて
入院診療体制
概要
整形外科の担当する病床は、岩手医大付属病院中病棟4階の79床で、19名の医師と37名の看護スタッフで診療・看護を行っています。入院治療の対象となる疾患は幅広く、小児から高齢者まで、外傷などの急性期疾患から四肢および脊椎の慢性期疾患など、あらゆる年齢層、疾患が含まれます。このような幅広い分野で適切な医療を行うために、6組の専門グループに分かれ診療にあたっています。入院される患者さんは、検査入院等を除いたほぼ全員が手術を受けられる患者さんで、手術件数は年間約700例、関連病院や開業整形外科医院からの紹介患者さんが多いのが特徴です。手術を受けられた患者さんの一日も早い機能回復と自立、早期退院、社会復帰を目指し、安全・安楽に入院生活を送っていただけるよう努めています。
診療グループ

◎脊椎・脊髄グループ(土井田教授、村上准教授、遠藤講師、山部助教)
頚髄症、脊椎管狭窄症、脊髄腫瘍、側彎症等の疾患を中心に、年間約200例の手術を行っています。


◎膝・肩・スポーツグループ(田島吾郎講師、丸山助教、菅原助教、及川伸也助教)
膝靭帯損傷、半月板損傷、変形性膝関節症、肩腱板損傷、反復性肩関節脱臼、足・足関節外傷などの疾患を中心に、年間約200例の手術を行っています。


◎手グループ(田島克巳特任教授、佐藤光太朗講師、村上賢也助教)
外傷、絞扼性神経障害などの疾患を中心に、年間約150例の手術を行っています。


◎リウマチグループ(安藤講師)
人工関節、滑膜切除術、リウマチによる手・足の障害などの疾患を中心に、年間約50例の手術を行っています。


◎股関節・小児グループ(小野寺講師、菅原助教)
外傷、変形性股関節症、先天性股関節脱臼、内反足、脚延長術などの疾患を中心に、年間約100例の手術を行っています。


◎骨軟部腫瘍グループ(多田助教、三又助教)
切開生検術を含めて年間約80例の手術と化学療法や放射線療法を交えた集学的治療を行っています。


(病棟医長:小野寺智彦)

岩手医科大学
岩手医科大学付属病院
交通アクセス
岩手医科大学整形外科学講座

〒020-8505 盛岡市内丸19-1