岩手医科大学医学部|整形外科講座

研修医・医学生
入局希望、見学希望の医学生・研修医(専攻医)のみなさまへ
岩手医大整形外科学講座は開講昭和10年と、東北・北海道地方の中では最も歴史がある教室です。平成26年、土井田稔教授が就任されてから医局スタッフも一新され、若く活気のある医局員で構成されていますが、岩手県の医療ニーズに応えるにはまだスタッフ数は充分とは言えません。入局者は卒業後すぐに入局して大学院入学する医局員だけでなく、初期・後期研修先の病院で整形外科に興味を持ち、研修を終了してから入局する医局員も多くおり、他大学出身の医局員も多数在籍し活躍しています。また希望する若い医局員には国内・国外留学へのサポートも行っています。
 
医局では各種学会活動への参加の他、サッカーJ3リーグ「グルージャ盛岡」、ラグビートップイーストリーグ「釜石シーウエイブス」などプロスポーツチームの帯同チームドクター活動、県内各種スポーツ大会のサポートドクターなども行っています。スポーツやリクリエーション活動も盛んで、北上川川下りや野球・マラソン・バレーボール大会への参加、スキー・スノーボードツアーやゴルフコンペ、季節のバーベキュー大会も企画しています。
 
学生・研修医・大学院生に対しても希望者や発表演者には各種学会参加へのサポートも行われており、入局説明会も常時行っていますのでお気軽にご相談下さい。
 
「鶏口となるも牛後となるなかれ」。チャンスとニーズに溢れた岩手医大整形外科で自分の能力を存分に活かしてみませんか?皆様の入局を心からお待ちしています。

入局・見学希望に関するお問合せ
医局長 田島 吾郎
gorot@iwate-med.ac.jp
専門医研修希望のみなさまへ
当科では、関連病院も37施設と多く、各種専門医資格(整形外科、リハビリテーション、リウマチ、脊椎脊髄、手外科等)取得が可能です。

当教室は、研修病院の豊富な症例数と優れた指導医の配置を背景に、独自の後期研修プログラムを構築・運用してきました。その経験と実績により洗練された専門研修内容を提供します。整形外科学は、運動器の機能と形態の維持・再建をめざす臨床医学であり、脊椎、上肢、下肢などの広範な診療領域を扱います。高齢化型社会をむかえた我が国においては、整形外科への期待はますます大きくなっています。現在、当教室には、脊椎、肩関節外科、手外科・マイクロサージャリー、股関節・小児整形外科、膝関節・スポーツ医学、足の外科、リウマチ、骨軟部腫瘍などの診療・研究グループがあります。連携施設は、スポーツ医学、手外科、脊椎外科、関節外科、救急医療、リハビリテーションなどそれぞれに特色をもった25におよぶ大学、施設、病院があり、機能的なローテーションにより、プライマリケアから最先端の臨床・研究までを学ぶことができます。詳細は岩手医科大学大学整形外科専門研修プログラムをご覧ください。

専門医に関するお問合せ
担当 村上 秀樹
hmura@iwate-med.ac.jp
岩手医大整形外科医局 
〒020-8505 盛岡市内丸19-1  TEL:019-651-5111
岩手医科大学
岩手医科大学付属病院
交通アクセス
岩手医科大学整形外科学講座

〒020-8505 盛岡市内丸19-1